当サイトはアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

ライブ会場・ホテル情報

東京ドームの座席・見え方(ライブ)は?アリーナ、1階、2階、バルコニー他

東京ドームのライブチケットが当選したら、座席や見え方が気になりますね!

 

東京ドームは全国5大ドームの中でも京セラドームと並ぶ大きい会場のため、どの席に座るかで見え方が大きく違ってきます。

 

この記事では

  • 東京ドームの座席表
  • 東京ドームの座席・見え方(ライブ)/アリーナ
  • 東京ドームの座席・見え方(ライブ)/1階
  • 東京ドームの座席・見え方(ライブ)/2階
  • 東京ドームの座席・見え方(ライブ)/バルコニー他
  • 東京ドームドームのキャパ・収容人数は?
  • 東京ドームドームの最寄り駅は?

についてまとめています。

ライブ当日までに確認しておきましょう!

 

 

\こちらの記事も読まれています/

東京ドーム近くの安いホテル5選!ライブ後の素泊まりや1人・ツイン宿泊にもおすすめ

双眼鏡はどこで売ってる?ドンキやヤマダ電機などの売り場やライブ用のおすすめも

 

 




東京ドームの座席表

 

東京ドームで行われるライブの座席表は、どのようになるのでしょうか。

公式サイトによる座席表は下記になります。

 

東京ドーム公式座席表

 

 

東京ドームは

  • アリーナ席
  • 1階席
  • 2階席
  • バルコニー席

の4種類に分かれています。

調べてみると、ライブによってステージの配置、座席が違ってくるようです。

 

 

 

 

アーティストによってステージの数や花道が違いますね!

 

各ライブの座席表は公式サイトには載っていないので、該当イベントのお知らせなどでチェックしましょう!

 

東京ドームの座席・見え方(ライブ)/アリーナ

東京ドームのアリーナ席からはどのように見えるのでしょうか?

アリーナ席とは、ステージ正面の席のことで、平面に椅子が並んでいる場所です。

ライブのステージ構成により座席の配置は異なりますが、メインステージに一番近い席となり、ブロックごとに分かれて構成されます。

 

実際の口コミを見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

アリーナ席は、センターステージに近く、よりライブ感を味わえる座席になっていますね。

しかし、平面に椅子が設置されるため、後方になるほど見えにくくなる印象です。

また、前方の席でも端のほうだった場合、角度によって見えにくくなってしまうようです。

 

東京ドームの座席・見え方(ライブ)/1階

次に、東京ドームの1階からはどのように見えるのか調査します。

 

1階席は「スタンド席」と呼ばれ、野球を観戦する座席シートの1階のことを言います。

スタンド席は傾斜があり、後方の座席ほど高くなっています。

 

メインステージからは距離が離れますので、双眼鏡を準備していったほうが良さそうですね!

ステージ構成によってはバックステージが設置され、アーティストとの距離が近くなる場合もあるようです。

 

 

 

 

 

 

1階席はメインステージから距離がありますが、高さがある分アリーナ席の後方よりもよく見える場合があります。

1階席後方では距離も遠くなり高さもありますので、メインステージのアーティストを肉眼で見るのは難しそうです。

演出によっては、トロッコなどでアーティストが近くに来てくれることがあるので、メインステージが見えにくくても楽しむことができるかもしれませんね!

 

東京ドームの座席・見え方(ライブ)/2階

東京ドームのスタンド2階では、どのような見え方になるのでしょうか?

2階席は1階席よりもさらに遠く高くなりますので、アーティストは豆粒くらいの大きさにしか見えないようです。

演出やモニターで楽しめますが、アーティストを見たい場合は双眼鏡が必須アイテムとなりそうです。

 

 

 

 

 

 

トロッコやバックステージも遠いと感じる人がいるようです。

ただ、モニターがよく見えたりペンライトの演出が綺麗に見えたりして、全体の雰囲気を楽しむことができるようですね!

 

また、見え方ではありませんが、2階席正面は音響が立体的で音が降ってくるような感覚を味わえる人もいるようです。

 

高さがあり会場全体が見渡せる座席のため、ライブの盛り上がりや演出を最大限楽しめるでしょう!

 

\あってよかった!ライブにおすすめの双眼鏡はこちら/

 


 

 

 

東京ドームの座席・見え方(ライブ)/バルコニー他

 

東京ドームにはアリーナ席、スタンド席のほかにも2種類(バルコニー席、エキサイトシート)の座席があります。

また、ライブによって呼び方が様々ですが、ステージを正面から見られず視界を遮るものがある場所の注釈付き指定席があります。

 

バルコニー席

バルコニー席とは1階席と2階席の間に4~5列ほどある席です。

野球観戦ではシーズンシート(年間シート)として売られる年間100万円以上の別な席で、ライブによっては使われないこともあります。

ではバルコニー席ではどのような見え方になるのでしょうか?

 

 

 

 

バルコニー席は野球観戦時に全体が見渡せるように作られている席です。

そのためライブでも会場全体を見渡せるようになっています。

1階と2階の間にあるので、メインステージは遠く、アーティストの表情を肉眼で確認することは難しそうです。

 

バルコニー席のエリアは、ほかの席から独立した作りになっています。

座席もクッション性があり席間隔が広く取られているいるため、今までとは違った特別感が味わえそうです。

そしてなんと、バルコニー席には専用のトイレがあります。

座席数が少ないためにトイレ利用者も少なく、長時間並ぶ必要がありません。

ライブ前にしっかり準備し、ゆっくりと開演を待つことができそうですね!

 

エキサイトシート

エキサイトシートはアリーナ席の最後方にある席です。

ライブの場合は使われずに撤去されることもあります。

 

 

アリーナ席の最後方ということもあり、メインステージからはかなり遠い印象です。

しかし、演出によってはトロッコが間近を通ったり、アリーナ席から少し距離があり人に埋もれないので、アリーナ後方より見えやすいといった声もありました!

 

注釈付き指定席

注釈付き指定席とは、ステージの一部が見えない席となります。

見切れ席と呼ばれることもあります。

 

 

 

座席の場所は様々ですが、一部照明などが視界に入ったり真横で見づらい席です。

しかし、ステージが見えないけれど距離が近くて音をダイレクトに感じたなどの口コミもありました!

 

東京ドームのキャパ・収容人数は?

東京ドームのキャパ・収容人数は約55,000人です。

 

東京ドームの収容人数は、5大ドームの中で京セラドームと並ぶトップクラスの規模となっています。

ただし、ステージの組み方によって座席数は変動し、実際は35,000人~50,000人くらいとなります。

 

東京ドームの最寄り駅は?

東京ドームの最寄り駅は4つあります。

 

  • JR「水道橋駅」西口
  • 都営地下鉄三田線「水道橋駅」A2出口
  • 東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」2番出口
  • 都営地下鉄大江戸線「春日駅」6番出口

 

それぞれ別の路線なので、さまざまな場所から東京ドームへ行くことができます。

 

残念ながら山手線の最寄り駅はありません。

東京といえば山手線ですが、もっとも近いのは秋葉原駅で徒歩30分ほどの距離です。

 

ライブ開催時は駅の周りが大変混みあうので、余裕をもって到着するようにしたいですね。

 

まとめ

 

この記事では

  • 東京ドームの座席表
  • 東京ドームの座席・見え方(ライブ)/アリーナ
  • 東京ドームの座席・見え方(ライブ)/1階
  • 東京ドームの座席・見え方(ライブ)/2階
  • 東京ドームの座席・見え方(ライブ)/バルコニー他
  • 東京ドームドームのキャパ・収容人数は?
  • 東京ドームドームの最寄り駅は?

についてまとめました。

 

どこが良い席なのかは、何を楽しみたいかによって変わります。

アーティストを近くで見たい人はアリーナ席がおすすめですし、会場全体の雰囲気を楽しみたい人にはスタンド席がおすすめです。

 

希望する席でなくても、アーティストが全員を楽しませたいという気持ちは変わらず、演出やパフォーマンスで楽しませてくれると思います!

各座席それぞれの楽しみ方で、ぜひライブを満喫してください!

 

 

\こちらの記事も読まれています/

東京ドーム近くの安いホテル5選!ライブ後の素泊まりや1人・ツイン宿泊にもおすすめ

双眼鏡はどこで売ってる?ドンキやヤマダ電機などの売り場やライブ用のおすすめも




  • この記事を書いた人

どらこ

◆3歳・0歳男の子ママ◆ミーハーで話題のものに飛びつきがち◆トレンド情報、生活お役立ち情報などを綴ります◆検索でなかなか見つからない内容を積極的に発信◆

-ライブ会場・ホテル情報