当サイトはアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

ライブ会場・ホテル情報

札幌ドームの座席・ライブの見え方は?アリーナ、スタンド、S席など【座席表も】

北海道最大の全天候型ドームとして、様々なイベントが開催されている札幌ドーム。

そんな札幌ドームの座席やライブの見え方はどうなっているのでしょうか?

 

ライブを見に行くことになったら、自分の席をHPで確認される方が多いと思います。

でも、そこからどう見えるのかが気になりますよね!

 

この記事では、札幌ドームの座席とライブの見え方についてまとめています。

この記事では

    • 札幌ドームの座席表
    • 札幌ドームの座席・ライブの見え方/アリーナ
    • 札幌ドームの座席・ライブの見え方/スタンド
    • 札幌ドームの座席・ライブの見え方/S席
    • 札幌ドームのキャパ・収容人数は?

についてまとめています。

 




札幌ドームの座席表

札幌ドームの座席表は下記のようになっています。

札幌ドーム

 

(出典:札幌ドーム公式ホームページ)

 

札幌ドームの座席は、大きく分けて下記の2つになります。

  • アリーナ席
  • スタンド席

上記の中で、「S席」というカテゴリーが設定されています。

 

アリーナ席はステージ前に設置される一番アーティスト方に近い席です。

上記の座席表の野球グランド上に設置され、ライブによって配置や数が変わります。

 

スタンド席は1塁側~3塁側に並んでいて、ブロックに分かれています。

ドームを1周する通路の前後でも分かれていて、距離が異なってきます。

 

S席はライブによって異なりますが、多くはスタンド席の中央側に加え、アリーナ席の前列以外が設定されていることが多いようです。

各座席についてもう少し詳しく、実際にどう見えるか見ていきましょう。

 

札幌ドームの座席・ライブの見え方/アリーナ

ここでは、札幌ドームの座席・ライブの見え方について、アリーナ席に関してまとめています。

 

アリーナ席は、ステージ正面のエリアのことで、平面に座席が並んでいます。

ライブによってアーティストの方の花道が用意されたりと、レイアウトや座席数が変わってきます。

 

ドームは、モーターショーなどの大きなイベントも開催されるほどの広さがあって、アリーナ席だけでも場所によって見え方は全然違うようです。

ステージ近くの特別な席は各ライブでも最も高価な特別な席があてられています。

 

実際の口コミを紹介します。

アリーナ席の後方の席です。前の人の頭も映っていて距離は近いのかもしれません。ライブの臨場感は十分あじわえそうですね。

 

 

こちらはスタンド席からアリーナに降りたところです、かなり広いですよね。

端から端まで行くだけでも結構大変そうです。

アリーナ席は平面なので、場所によって見え方は変わりそうです。

 

こちらはアリーナ席でも前のほうで、ステージにも近いですね。

ここまでくるとアーティストの方の表情も見えそうです。

 

アリーナ席の魅力はやはりアーティストの方との距離の近さですね。

かなりの広さですし、平面なので、同じアリーナ席でも見え方はかなり違いそうです。後方になると、近さを感じることはできないかもしれません。

ライブの臨場感を味わうには、アリーナ席が最適といえそうです。

 

札幌ドームの座席・ライブの見え方/スタンド席

ここでは、札幌ドームの座席・ライブの見え方について、スタンド席についてまとめています。

 

スタンド席は、アリーナ席をグルっと周るように席が並んでいて、左右でも見え方が違ってきます。

通路の前後に席があり距離感も違いますが、傾斜があるので全体が見えるのは変わらないようです。

 

実際の口コミを紹介します。

1塁側スタンド席、かなり前の方ですね。中央側でかなり見やすそうです。

 

3塁側のスタンド席、少し後ろの方なのか高い位置からの見え方になっています。

大型ビジョンでアーティストの姿はしっかり見えていますし、距離は違いますが見やすさはあまり変わらない印象です。

 

こちらも3塁側スタンド席からの見え方です。

ライブの演出を楽しむにはこの距離感もよさそうですね。

 

1塁側スタンド席です。

やはりスタンド席は距離はるものの、ライブ全体を見て楽しむことはできそうです。

 

スタンド席は、ステージから距離があってアーティストの方の姿はよく見えないかもしれませんが、大型ビジョンでその姿をみることができそうです。

距離がある代わりに、ライブ全体を見ることができます

傾斜もあるので、見え方に大きな違いがなさそうなのも、スタンド席の良いところかもしれません。

 

札幌ドームの座席・ライブの見え方/S席

ここでは、札幌ドームの座席・ライブの見え方について、スタンド席についてまとめています。

 

S席と聞くと、一番いい席と思う方は多いのではないでしょうか?札幌ドームでは、S席はスタンド席を指す場合が多く、場合によっては中央側に限定されていることもあるようです。

アリーナ席はSS席、さらに最前列は別のカテゴリーになっている場合がほとんどです。

他には、アリーナ席の後方も含めてS席になっていたり、メインステージの目の前以外はスタンド席も含めてすべてS席とされているライブもありました。

S席の座席や見え方を知るには、ライブの座席設定をしっかり確認して、両方の可能性があるときは両方の見え方を予習する必要がありそうです。

 

実際の口コミを紹介します。

 

S席はスタンド席のことが多いようなので、スタンド席からの見え方を知っているとより楽しめそうです。

 

 

こちらもスタンド席から、全体の様子を見られることに好意的な印象を受けている方は多いようです。

席をとるときは自分がどっちがいいかも検討材料になりますね。

 

スタンド席からの情報が主でしたので、やはりS席はスタンド席の場合が多いようです。

ライブによってS席の設定が違うので、事前に確認しておくことは大事です。

場合によっては、アリーナ席にもスタンド席にもなる可能性があり、それぞれの見え方を確認する必要があります。

 

札幌ドームのキャパ・収容人数は?

ここでは、札幌ドームのキャパ・収容人数についてまとめています。

 

札幌ドームの最大収容人数は、53,820人です。

(出典:札幌ドーム公式ホームページ)

実際はアリーナ席の座席数によっても変わります。

 

過去に開催されたイベントを見てみると下記の収容人数になっていました。

  • 2024年2月 クイーン 45,000人
  • 2019年5月 嵐 50,000人

 

札幌ドームの最寄り駅は?

ここでは、札幌ドームの最寄り駅についてまとめています。

 

札幌ドームの最寄り駅は地下鉄福住駅です。

駅からドームまでは少し歩きます。

地下鉄東豊線【さっぽろ駅】から終点【福住駅】まで約13分、下車後徒歩10分

(出典:札幌ドーム公式ホームページ)

 

駅はイトーヨーカドーに直結して便利なのですが、最近は北海道からも撤退の動きがありますので、今後は変わってくるかもしれません。

道中にコンビニはファミリーマートが一つあるだけで、イベントの時はいつも混みあっています。

 

まとめ

この記事では

  • 札幌ドームの座席表
  • 札幌ドームの座席・ライブの見え方/アリーナ
  • 札幌ドームの座席・ライブの見え方/スタンド
  • 札幌ドームの座席・ライブの見え方/S席
  • 札幌ドームのキャパ・収容人数は?

についてまとめました。

 

座席によって見え方は様々ですが、良いところも悪いところもあります。

ライブに行くことになったら、座席と見え方を意識することで、ライブをより楽しむことができそうです。

しっかり準備して存分にライブを楽しんでください!

 




  • この記事を書いた人

どらこ

◆3歳・0歳男の子ママ◆ミーハーで話題のものに飛びつきがち◆トレンド情報、生活お役立ち情報などを綴ります◆検索でなかなか見つからない内容を積極的に発信◆

-ライブ会場・ホテル情報