当サイトはアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

話題

プリンセスと魔法のキスは人気ない?批判の理由や怖い・面白いなど感想も調査

 

 

「プリンセスと魔法のキス」は2009年12月1日に公開されたアニメーション映画で、ジュブナイル小説『カエルになったお姫様』がもとになった作品です。

 

従来のディズニープリンセス作品と比べ一風変わった作品で「面白い!」と言われる一方で、他のプリンセス作品と比べると人気が無いとの声も聞かれます。

 

果たして「プリンセスと魔法のキス」は人気が無いのでしょうか?

また、一部で批判されている理由や、怖い・面白いなど実際に見た人の感想を調査しました!

 

この記事では

プリンセスと魔法のキスは人気ない?
プリンセスと魔法のキスが批判される理由とは?
プリンセスと魔法のキスは怖い?面白い?感想・口コミ

についてまとめています。

 

 




プリンセスと魔法のキスは人気ない?

 

ディズニーのプリンセス映画の中でも、少し変わった作品といわれる「プリンセスと魔法のキス」。

 

果たして、プリンセスと魔法のキスは人気が無いのでしょうか?

 

調査した結果、プリンセスと魔法のキスが人気がないと言われる理由は下記であることがわかりました。

 

①知名度が低い
②主人公の容姿
③主人公がカエルのシーンが長い
④吹き替えに有名人が使われていない

 

 

人気が無いと言われる理由①知名度が低い

 

人気が無いと言われる理由の一つとして、作品自体の知名度の低さが挙げられます。

 

 

 

 

アメリカでは「プリンセスと魔法のキス」は比較的人気が高い一方で、日本ではあまり知名度が無いようですね。

 

「プリンセスと魔法のキス」は、2002年に発表されたメリーランド州の作家E.D.ベイカーのジュブナイル小説「カエルになったお姫様」を元にしているほか、グリム童話「かえるの王さま」を劇中話に引用するなど、パロディとして使用しています。

 

そもそも、原作となった「カエルになったお姫様」と「かえるの王子様」が日本ではあまり馴染みのないことが、知名度の低さにも繋がっていると考えられます。

 

人気が無いと言われる理由②主人公の容姿

 

「プリンセスと魔法のキス」の主人公・ティアナはディズニー史上初めての黒人のプリンセスです。

この作品では、黒人のティアナとお金持ちの白人の女の子であるシャーロットは親友同士として描かれています。

 

白雪姫やシンデレラ、美女と野獣のベルなど、代表的なプリンセスを考えると肌が白く西洋的なイメージを連想する方も多いのではないでしょうか?


そのため、キャラクターを見た時に「ティアナ=プリンセス」だとイメージしにくいのも理由の1つと考えられます。

 

 

人気が無いと言われる理由③主人公がカエルのシーンが長い

 

作中では、主人公のティアナも王子様もカエルに変えられてしまい、物語のほとんどのシーンがカエルの姿で進んでいきます。

 

そもそも、カエルが苦手なのでちょっと…という人もいますよね。

 

この点が人気のない1つの理由になっている可能性があります。

 

 

一方でカエルの姿の王子については、可愛い!という意見もありました!

 

 

人気が無いと言われる理由❹吹き替えに有名人が使われていない

 

「プリンセスと魔法のキス」では、主人公ティアナを鈴木ほのかさん、ナヴィーン王子を丹宗立峰さんが、それぞれ声優を務めています。

 

おふたりとも実力派のキャストとなっていますが、例えばアナと雪の女王のエルサは松たか子さん、アナは神田沙也加さん、塔の上のラプンツェルでは中川翔子さんなど、有名人を声優として起用している作品はプロモーションなどで認知されやすく、人気に繋がりやすい傾向があります。

 

 

作品としての魅力はもちろんですが、声優を誰が務めるかもその作品の人気度に影響があると考えられます。

 

 

プリンセスと魔法のキスが批判される理由とは?

 

「プリンセスと魔法のキス」について、一部で批判の声があがっているようです。

 

プリンセスと魔法のキスが批判されてしまう理由は、黒人に対する差別問題を正確に描写していない点であると思われます。

 

「プリンセスと魔法のキス」の舞台はニューオリンズのフレンチ・クオーターです。

 

この舞台となったニューオリンズは黒人に対する「差別」や「奴隷制」の歴史が色濃く残っており、本作ではその問題を取り上げていないとアメリカの黒人社会では批判が起きました。

 

 

さらに、ティアナの親友が白人として描かれたことにも批判が集まったようです。

 

 

時代背景を考えると、白人と黒人が友達になる事は考えられなかったとのことで、違和感を感じる方もいるようですね。

 

ディズニーはそのような差別を無くそうと考えてこの作品を作ったのかもしれませんが、一部の方には受け入れ難いものだったようです。

 

 

 

プリンセスと魔法のキスは怖い?面白い?感想・口コミ

 

「プリンセスと魔法のキス」の感想として「怖い」や「面白い」などの声があるようです。

それぞれの感想・口コミを下記にまとめています。

 

「怖い」という感想

 

 

ヴィランズとして、ドクター・ファシリエというキャラクターが登場します。

通称"影の男"と呼ばれ、ブードゥーの呪術を操り、王子様をカエルに変えた張本人です。

影が別個に意思を持っており自由に動き回りますが、その映像が綺麗だという人もいれば、怖いという人もいるようです。

特に、最期のシーンが怖かったという人が多くいたので、この作品が怖いと言われる理由の1つはドクター・ファシリエが要因となっています。

 

 

「面白い」という感想

 

 

「音楽がジャズで良い」「キャラクターがみんな好き」という意見が見られました!

あまり有名でない分、「是非観て欲しい!」という強い想いを持った方も散見されました!

 

まとめ

 

この記事では

プリンセスと魔法のキスは人気ない?
プリンセスと魔法のキスが批判される理由とは?
プリンセスと魔法のキスは怖い?面白い?感想・口コミ

についてまとめました。

 

調査した結果、プリンセスと魔法のキスが人気が無いと言われてしまう理由として、下記が考えられました。

①知名度が低い
②主人公の容姿
③主人公がカエルのシーンが長い
④吹き替えに有名人が使われていない

 

しかし、観た方の感想では「面白かった!」「プリンセスで一番好き!」など、評価が高い作品であったことも事実です。

 

主人公のティアナをはじめ親友のシャーロット、ヴィランズであるドクター・ファシリエなど…魅力的なキャラクターが多いのもこの作品の魅力です!

 

とても素敵な作品なので、ぜひ観てみてくださいね!

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!




  • この記事を書いた人

どらこ

◆3歳・0歳男の子ママ◆ミーハーで話題のものに飛びつきがち◆トレンド情報、生活お役立ち情報などを綴ります◆検索でなかなか見つからない内容を積極的に発信◆

-話題