当サイトはアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

エンタメ・芸能・TV

【いちばんすきな花】7話ネタバレあらすじ!感想・考察、キャストまとめも




 

フジテレビ系木曜劇場『いちばんすきな花』の放送がスタートしました!

 

大ヒットしたドラマ「silent」プロデューサー村瀬健さんと脚本家生方美久さんの再タッグということもあり注目されていますね!

 

今回、主演が4人の俳優という”クアトロ主演”のドラマであることも話題になっています。

 

この記事では、「いちばん好きな花」7話のネタバレあらすじ、感想などをまとめています。

 

いちばんすきな花

(出典:https://www.fujitv.co.jp/ichibansukina_hana/story/story01.html)

 

 

\その他の回のネタバレ・あらすじ・感想はこちら/

 

 

 




【いちばんすきな花】7話ネタバレあらすじ

 

ドラマ【いちばんすきな花】7話のネタバレあらすじをまとめています!

========

※放送後におって更新します。

 

「引っ越し決めました」椿の言葉に固まる3人。
しかし、ゆくえはすぐに「りょうかいです」と言い、いつも通り会話を始める。
「転がり込もうとしてすみません」という紅葉に「転がり込ませられなくてごめん」という椿。

前に住んでた人が買い戻したいと連絡があったのが理由とのことだった。
椿が結婚しなかったことを知らずに、買い戻すと言ってきたことに疑問を持つゆくえ。
もう1人なんでという椿に納得がいかない様子の夜々。「1人じゃないです」
前の住人である先生が戻ってくることを知り少し嬉しそうな紅葉や、家を明け渡すことを納得している椿に苛ついて絡む夜々。
いきなり買い戻すなんて我儘だという夜々と、先生が悪者になっていることが腑に落ちない紅葉と喧嘩に。

みんな言わないけど、もう少し4人でここに集まりたかったっていうもやもやだけど、私たちは何も言う権利ない。
最初に我儘って言った私が全部悪いとい、いつものように自分のせいにするゆくえ。

紅葉は不機嫌なまま2階へ。「初めての自炊、4人で食べたかった…」と怒りつつも悲しそうな夜々。

 

ゆくえは家でこのみと夜々紅葉の喧嘩について話している。
花屋さんが引っ越すだけで何で喧嘩になるかわからないというこのみに、場所より人が大事、でもみんなあの家が好きってことというゆくえ。
空いている椅子に人形を置いて椿の家を再現するも、落ち着かないよなというゆくえ。ここ部室にしないでねというこのみ。

 

椿の家。紅葉が椿に別に家を売らなくていい、そうじゃなくても先生とは会えるし家を手放すのは違うと話す。
「うん、でもここに住みたいみたいだから」またおいで~まだいるからという椿に、おやすみなさいと言って帰る紅葉だった。

 

夜々の美容室に女の子が来店。渡した間違い探しの本をみて「どっちが間違い?どっちが正解?」

紅葉のバイト先のバックヤード。同僚が元々カノと付き合った事を愚痴る。ずいぶん前の事かと思いきや2か月前に別れた元々カノと聞きその期間の短さに驚く紅葉。

ゆくえは1人でカラオケ。飲み物を取りにドアを開けると向かいの部屋から赤田が出てきてばったり会う。
喧嘩していたはずが、それぞれ半分ドアを開けていつものように話し込む。
その後を心配していた赤田に、「逆に良かった、お互い恋愛対象じゃないことがわかって」というゆくえ。

2人で良く来ていたここのカラオケ。もし無くなっても別のカラオケに行ったよねと言いながら、
場所が変わっても…あ違うわ、私と赤田はは場所が問題じゃないんだった。というゆくえ。

家で掃除する赤田。峰子が帰宅。
1人カラオケ行った事、そしてゆくえにばったり会った事を話す。顔色が変わる峰子。
一応言っとくべきかなと、一緒の部屋に入ってないことを慌てて説明する赤田に、
「こたくんが浮気するなんて1ミリも思ってない、そんな勇気ないし」
潮さんに恋愛感情が無いのも知ってるけど、私じゃ補えないって事じゃん、彼女や嫁からは得られない栄養を潮さんから得てる、
土俵が違う、勝ち負けもない。と怒りながらも、何が足りないのか、栄養バランスの取れた夫にしたいのに言ってと泣きだす。
こんなに俺の事好きだと思ってなかったと言って慰める赤田だった。

保健室で給食を食べる希子と穂積。人参をよける希子、別に人参からしか得られない栄養とかないし、あったとしても食べなくても死なないし。
好き嫌いは無いという穂積に「物好き」という希子。これから授業に出ず塾にいくという希子に荷物を持ってくるよという穂積。

塾で2人でテストを受けた希子と穂積。
答え合わせ嫌い、間違い探しと思っちゃうと言う希子に、わかるなんでも間違ってる前提でみちゃうと頷くゆくえ。
自分は絶対当たってるって前提で生きてる人よりずっといいよ、皆何かしら間違ってるんだから

 

紅葉は自身のイラストが本の表紙になった。嬉しいを通り越して不安という紅葉に担当者が正解はないですからねという。
少なくとも作家も編集者もこれが間違いと思ってない、だから佐藤さんのイラストに決めましたと言われ嬉しそうな紅葉。

早速椿に電話で伝えるととても喜ぶ椿。家に誘うも今日はバイトと断る紅葉。そこへチャイムが鳴り「これから夜々ちゃんが来る」

大きな荷物を抱えて夜々が椿の家に。荷物は家庭用ホッケーゲーム台だった。
2人でゲームをしながら、「すみませんでした、思春期みたくなって」と謝る夜々。

かしこまって、家を手放す理由を夜々にしっかり話す椿。「1人苦手だから皆が来てくれるのは嬉しいし楽しいし、追い出したいとかじゃない」
いっそみんなで住む?との冗談に「はい!」と答えてしまう夜々。

「私が純恋さんの代わりになるってありますか?」「2人で住んで他の2人が来て…」といっきに話す夜々。驚いた顔でだまって見つめる椿に
「違います、一案です」と言いつつ「違くはないけど…」という夜々に「3人とも同じかな、同じように皆同じように好き」という椿。
絞り出すように「私もです、私も3人同じように好き」と言いながら、後ろをむく夜々。何とか振り返ってホッケーゲームの続きをするのであった。

ズカズカと紅葉のコンビニに入ってきた夜々。「盛大に間違った…」
出会ったのが間違いだったのかなという夜々に、ドラマの見過ぎ、ヒロインはすぐ出会いから見つめなおそうとする、と諫める紅葉だった。

 

夜、家に帰りながら不動産屋と電話をする椿。家を買い戻したいと言っている家主の名前?を聞き驚いた表情。
別日に実家の物置で探し物、楓にどうしたのと言われて、ちょっと答え合わせをと何かを探している。
絵が描かれた束の中に、あった…と見つけたのは、椿の家にそっくりの絵だった。

 

椿の家で絵を書いている紅葉。
「前に住んでた人の事なんだけど、紅葉くんが探してるひとって、シキさんていうの?」と神妙に聞く椿。
ちがいます小花さんです、小さい花って書いてこはなさん。混乱する椿。

先生じゃない事にショックを受ける紅葉。椿は「シキさん」がずっと会いたかった知り合いだったことを伝える。

 

ゆくえの家でドラマをみるゆくえ、このみ、夜々。
あの2人一緒にいるみたいだけど行く?と夜々を誘うゆくえ。前回は変な空気だったけど、自分たちが口を出すことじゃないと改めて言う。
夜々は椿と2人でごはんに行ったこと、一蘭のラーメン屋に行って壁がありがたかった事を話す。「あの壁をもどかしくもありがたく思えたら恋です。」
何かあった?と聞くゆくえに、フラれたことを話す夜々。やや自棄になっている夜々にやっぱり行くのやめようとするゆくえだったが、友達として同じくらい好きだから4人で会いたいという夜々だった。

 

シキさんについて紅葉に話す椿。中学の同級生で、卒業してから一度も会ってなかった、女の子だけど付き合ってはなかった、こちらは友達だと思ってたと話す。
フルネームが珍しく、漢字も一緒で、この家に住んでたことが納得しかないと興奮気味に話す椿にいいなぁと呟く紅葉。
「美しいに鳥」でみどりさんという椿に、小花美鳥さん?と驚く紅葉。紅葉の先生もその名前だった。

 

椿の家に向かうゆくえと夜々。
ゆくえが昔ちゃんづけで呼んで仲良くしていた塾の先生の話をする「みどりちゃん」
それを聞いて、「一緒!大好きないとこのお姉ちゃんがいて名前、みどりちゃん」と夜々。

椿の家に着いた夜々とゆくえ。「みどりさんて名前それなりにいるよね?」と椿。
2人もみどりちゃんの話をしていたこと、そしてそれぞれのみどりちゃんも「美しい鳥」であり苗字が「シキ」であることがわかり驚く椿と紅葉。
結婚してた時は小花だったという。
ゆくえが電話することに。名前は「志木美鳥」

4人それぞれの「美鳥」のイメージが違いすぎることがわかる。

夜々が将棋を教わっていたみどりちゃんはぽわぽわ。
椿が知っているのは荒れていて人を殴っていた。人を教えているイメージが沸かない。
紅葉の知っているのはいつもイライラしていた人。
ゆくえが言うに、何年か前に桜新町に一軒家買ってそこで小さな塾を…「ここですかね?」
お母さんの介護が必要になって北海道の実家に戻った。
みどちゃん家の実家北海道です!と夜々。
同一人物である可能性が非常に高いことを確認した4人。でもやはりイメージが違いすぎて混乱する4人。

「椿さんこれ食べていい?」と紅葉がキッチンのスティックパンを持ってくる。精神安定パンと夜々。
笑いながらごはんどうしようかといつもの4人。

 

トランクケースでホテルの部屋に入る志木美鳥。
切れていた携帯を充電するとゆくえからのLINE。「椿、紅葉、夜々を知っている?」
それをみて何かを考える表情の美鳥だった。

 

【いちばんすきな花】7話 感想・考察

 

ドラマ【いちばんすきな花】7話の感想・考察をまとめています!

========

 

志木美鳥ーーー!!!!田中麗奈ーーーー!!!

7話は夜々が椿に気持ちを伝えるというビッグイベントがあったにもかかわらず、最後のみどりちゃんが全部持っていきましたね。
まさかの4人共通の知り合いがいたという展開、かつそれぞれの知っている美鳥の印象が違いすぎるのも非常に謎めいていますね!
何なら、まだ4人のみどりちゃんが同一人物と確定してないし、田中麗奈はゆくえのみどりちゃんであることがわかっただけ…。
季節の名前を模した4人、そしてそれをつなぐ志木…四季。
果たしてどんな人物なのか、物語に何を与えるのか。きっと綺麗な脚本なんだろうけども!

それにしても、ここまで引っ張って、誰が演じるのかハードルを上げたところで、田中麗奈!懐かしい&絶妙なキャスティング。
次回以降の演技がとても楽しみです!

7話のキーワードは、「間違い探し」「答え合わせ」「栄養」あたりでしょうか。
ゆくえが言っていた皆何かしら間違ってるというセリフからの、紅葉が担当者に言われた、「私たちは間違いと思ってない」の流れがとてもよかった。
前回の性別問題のときも、それ以外のエピソードでも、全体を通して、「他人がどう言おうとあなたはそのままで大丈夫」というメッセージを強く感じます。
色々ある20~40代くらいの大人こそ刺さるのはこの辺りなんだろうな。

 

そして、前回に引き続き、峰子がいい嫁っぷりを発揮しましたね。。 全国の男性の結構な割合が、「こんな嫁欲しい」と思ってるんじゃないかな。笑
赤田を演じる、仲野太賀のコメディアンぶりも回を追うごとにいい味出てて、この2人、さいごまで是非ちょこちょこ出てラブラブして欲しい。

 

次回以降も非常に楽しみです!

 

 

【いちばんすきな花】7話 口コミ

 

【いちばんすきな花】7話に関する口コミをまとめています!

 

 

 

 

【いちばんすきな花】 キャスト・作品概要

 

 

木曜劇場「いちばんすきな花」キャストや作品概要についてまとめています。

 

【いちばんすきな花】 キャスト・スタッフ

 

木曜劇場「いちばんすきな花」のキャスト・スタッフは下記になります。

 

役柄・キャスト
潮ゆくえ(うしお ゆくえ) 多部未華子
春木椿(はるき つばき) 松下洸平
深雪夜々(みゆき よよ) 今田美桜
佐藤紅葉(さとう もみじ) 神尾楓珠
潮このみ(うしお ゆくえ) 齋藤飛鳥
望月希子(もちづき きこ) 白鳥玉季
穂積朔也(ほづみ さくや) 黒川想矢
白石峰子(しらいし みねこ) 田辺桃子
相良大貴(さがら だいき) 泉澤祐希
小岩井純恋(こいわい すみれ) 臼田あさ美
赤田鼓太郎(あかた こたろう) 仲野太賀
志木美鳥(しき みどり) 田中麗奈  ←NEW

 

スタッフ
脚本 生方美久
音楽 得田真裕
主題歌 藤井風 『花』
プロデュース 村瀬 健
演出 髙野 舞

 

【いちばんすきな花】 作品概要

 

木曜劇場「いちばんすきな花」は、大ヒットドラマ「silent」のコンビである村瀬健さんと脚本家・生方美久さんがタッグを組んで制作された、完全オリジナル作品です。

 

このドラマは、“男女の間に友情は成立するのか?”というテーマを中心に、男女4人の感情を描いています。

4人の主人公たちはそれぞれ異なる背景や環境から来ており、彼らの間に生まれる感情や友情、そして恋愛に関する葛藤が描かれています。

主人公たちの複雑な感情や人間関係のリアルな描写が見どころです!

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

この記事では、「いちばん好きな花」7話のネタバレあらすじ、感想、考察をまとめました!

 

次回以降がとても楽しみですね!

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

 

\その他の回のネタバレ・あらすじ・感想はこちら/

 




  • この記事を書いた人

どらこ

◆3歳・0歳男の子ママ◆ミーハーで話題のものに飛びつきがち◆トレンド情報、生活お役立ち情報などを綴ります◆検索でなかなか見つからない内容を積極的に発信◆

-エンタメ・芸能・TV